介護はフランチャイズ経営が人気になる~キラキラ介護の将来~

介護

介護事業のサポート役

笑顔

請求業務は大変

介護事業において最も大変なのは請求業務だと言われています。多数の顧客を扱う介護事業は、全ての案件に関する請求を行うのに時間を奪われるからです。介護サービスの料金は9割の保険料の支払いで成り立っています。保険料の支払いを請求しない事には、介護事業所の活動を支える事は出来ません。介護事業の請求業務はサービスの提供を担当するスタッフが戻ってから開始されます。介護サービスを提供してからでなければ、保険料の請求を始める事が出来ないからです。それ故に介護サービスの提供主の報告が完了しなければ、仕事をスムーズに進める事は不可能だと言えます。逆に言えば介護サービスの提供に関する報告がスピーディーに行えれば、介護事業の大きな障害は取り除かれるのです。

専用ソフトを導入する

介護保険請求ソフトが導入されるようになったのは、報告と請求を並列して進めるためです。過去の時代の介護保険請求ソフトは機能が限定的でした。そのせいで介護保険請求ソフトの導入に後ろ向きな考えを抱く事業所も少なくなかったのです。しかし最近の介護保険請求ソフトは、サービスを提供したスタッフが外出先から入力出来るようになっています。スマートフォンやタブレット端末のアクセスを、介護保険請求ソフトが受け付けているからです。簡易的な入力が完了した後は内勤しているスタッフに請求業務の代行を頼めるようになります。結果的に仕事の分担が効率的に行えるため、業務効率の大幅な改善が見込めるのです。介護保険請求ソフトの導入を果たす事は、介護事業を運営する存在にとって大きな利点があります。