介護はフランチャイズ経営が人気になる~キラキラ介護の将来~

介護

介護事業を支えるソフト

悩み

外出先からでも見れる

介護事業のサービスを提供しているスタッフは、大半の業務を会社の外で過ごします。限られたスタッフを運用して訪問介護する事が、介護事業の基本業務フローだからです。外出先でも仕事を進められれば、業務全体がスムーズに進められるようになります。だから訪問介護ソフトの導入が流行しているのです。訪問介護ソフトを導入した介護事業所は、スタッフが計画的に活動出来るようになります。例えば予定通りに仕事が進んでいない場合には、周辺区域で活動しているスタッフを探せるのです。訪問介護ソフトは携帯用の端末でもアクセス出来るため、拠点まで戻って確認する必要はありません。スマートフォンやタブレット端末で利用出来るから、訪問介護ソフトの有用性は保たれています。

導入するだけでは不十分

訪問介護ソフトを導入する事によって、介護事業に絶大な効果があるのは間違いありません。しかし訪問介護ソフトを導入しただけで満足してしまう事業所が存在しています。訪問介護ソフトは業務フローに組み込まなければ、性能を発揮する事は不可能なのです。訪問介護ソフトを活かした業務遂行をするためには、スタッフが定期的に入力業務を行う必要があります。外出先で1つの仕事が完了したら、訪問介護ソフトを通じて報告業務を終えてしまうのがベストです。データ入力が正しく行われていれば、前述したスタッフ同士の連携を取れるようになります。訪問介護ソフトを導入したばかりの頃は業務効率が落ちますが、長期的には効率性が向上するため根気強く取り組む姿勢が大切です。